活動を知る

最新記事

『フードバンクこども支援プロジェクト』       ~加盟団体の取り組み紹介~

2016年初頭に開催されたフードドライブ(映画上映会で実施) フードバンク岩手では、6月から『フードバンクこども支援プロジェクト』に取り組んでいます。また、6月7日から7月29日まで期間で、子どもたちの支援に必要な食品を集めるために『フードドライブ』を実施しています。 子どもが給食のない夏休みを迎えることで、各家庭で食事をする機会が増えます。そんな家庭の食費にかかる経済的な負担を減らそうと、夏休みの期間に限定して、緊急プロジェクトとして食料品の提供を呼び掛けています。フードバンク岩手は食品ロスを取り扱う団体ながら、元々は生活困窮者支援に力を注いできた団体。その団体が今、支援者のニーズにあった支援形態の一環として、『フードバンクこども支援プロジェクト』を始めています。このプロジェクトの狙いや、フードドライブ活動をより効果的なものにするための方法などを、副理事長である阿部知幸さんにお話を伺いました。 -子どもの支援プロジェクトが始まっています。フードバンク岩手では団体発足時より食品提供を常時受け付けされていますが、夏休みに限定してキャンペーンを実施する狙い、そして、このプロジェクトが市民に与える影響とはどんなものでしょうか。 「夏休みになると今まで学校から提供されていた給食が無くなり、家庭で食事をする機会が増えます。いつも以上に経済的な負担が増え、各家庭では食費の捻出に頭を悩ませることになります。 時期的に各家庭のニーズが変化すること、そこに注目して今回の支援活動を開始しました。 今は貧困問題の中でも『子どもの貧困』に焦点が当てられています。市民の中にも『子どもの貧困』

米山けい子氏に聞く

Q.フードバンクを始めたきっかけを教えて下さい。 A.2008年に理事を務めていた生協を退職した後、何らかの形で地域に貢献したいと考えました。どんな活動ができるだろうかと模索していたときに、フードバンクという活動を知り、自宅を拠点 として1人で活動を始めました。 Q.フードバンクを始めるにあたって、あるいは活動を継続するにあたって感じられた困難はどのようなものでしょうか。また、その困難をどのようにして乗り越えられてきたかを教えて下さい。 A.活動を開始した2008年当時はフードバンクという活動が国内で新しい活動であったため、ほとんどの人がフードバンクという活動を知りませんでした。行政に活動の説明や協力の要請に行っても担当が無い、個人情報が、公平性が、一NPOとは協力できない等、たらい回しにされることがほとんどでした。 企業にも一件一件訪問して活動への協力をお願いしましたが、活動を始めて間もない当時は中々協力を得られませんでした。それでも諦めるということはしませんでした。困難な中でも熱意をもって活動を続けていくと必ず助けてくれる方が出てきます。 様々なセクターの方を活動に巻き込みながら、素直に学び、助言を元にひたむきにコツコツと積み上げてきたことで、様々な困難を乗り越えることが出来てきたのだと思います。 Q.フードバンク活動を継続して続けてこられたその熱意は何でしょうか。 A.飽食の時代と言われる日本において、明日の食事にも事欠く子どもたちがいることは、なかなか気づけません。私もフードバンク活動を始めなければ、今でも気がつくことができなかったと思います。 この活動を始める前の16

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.