活動を知る

最新記事

声を掛け合える地域を作っていきたい

~加盟フードバンク団体活動紹介~ NPO法人フードバンク狛江理事長の田中妙幸(たえこ)さんにお話を伺いました。 ■団体沿革 2014年12月 「フードバンクを考える会」を発足 2015年2月  「フードバンクを考える会」第1回学習会開催 2015年7月  「フードバンクを考える会」第2回学習会開催 フードドライブ実施 2015年7月  こまYELL(市の生活相談窓口)を通じての緊急食糧支援を実施 2016年2月  「NPO法人フードバンク狛江」設立総会を開催 2016年5月  NPO法人の認証・登記完了 ■活動を始めようと思ったきっかけ 近所のひとり親家庭との出会いがきっかけでした。お母さんが帰ってくるのが遅く、一番下の小学生以外の兄弟はアルバイトをしていて、その小学生は一人、家族の帰りを待っていました。お互いに声をかけるようになって、買いすぎて食べきれない野菜を半分もっていったり、数回ぐらいでしたが、その小学生に夕食をもって行ったりのお付き合いが始まりました。 その母親の方は正規職員で休日も働いていても、アパート代を差し引くと数万円しか残らない。ひとり親の家庭の大変さを改めて知ることになりました。ちょうどそのころクローズアップ現代でフードバンクという活動を知り、これならそのような家庭を助けられるのではないかと思いました。 番組で取り上げられたフードバンク山梨に電話し、テレビを見た3日後にフードバンク山梨を訪問しました。活動を見に行った際に、「新しく団体を立ち上げるのであれば、まずは賛同者を集めて設立に向けた学習会をするよう」助言を受けました。帰りの電車の中で「私に

ボランティア募集 説明会開催のご案内

「先生何か食べるものない?」 これはフードバンクと連携している小学校に通う男の子が、夏休みに学校に来て、実際に先生に言った一言です。日本では632万トンもの食品ロス(まだ食べられるにも関わらず、捨てられている食品)が発生しています。その一方で、十分な栄養のある食事が給食だけという子ども達がいます。国内の子どもの貧困率は16.3%、6人に1人、人数にすると300万人以上の子どもが貧困状況にあるとされています。 全国各地のフードバンク団体は食品ロス削減や貧困問題に取り組んでいますが、寄贈食品や事業費、ノウハウの不足など、共通の課題を抱えています。 これらの課題が障害となり、食の支援を必要とする人々への支援が拡大していない現状があります。 私達はフードバンク団体が抱える課題を解決することにより、食品ロスや貧困問題の解決に寄与することを目的とし、2015年11月に設立されたフードバンクの全国的なネットワーク組織です。(2016年10月現在17団体が加盟) 現在全国フードバンク推進協議会ではノウハウの支援、政策提言活動、広報活動等を行っていますが、協議会自身も新設団体であるため十分な活動ができていません。 今回、ボランティアスタッフを募集するための説明会を初めて開催します。 ボランティア活動をしてみたいという方だけでなく、フードバンク活動に興味があるという方、ちょっと話を聞いてみたいという方も大歓迎です。 【日時】 2016年10月22日(土) 開始14:00~ 終了16:00 【場所】 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 【内容】 当日は以下の内容に

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.