活動を知る

最新記事

【プレスリリース】Jリーグとの連携が始まりました

子どもの貧困問題解決に向けた取り組みとして、「全国フードバンク推進協議会」に加盟するフードバンクとJリーグサッカークラブが連携し、各地でフードドライブが開催されます。今回、「日本プロサッカーリーグ」(Jリーグ)のご協力により、6つのフードバンク団体とサッカークラブとの連携が実現しました。フードドライブで集まった食品はフードバンク団体を通して、子ども食堂、学習支援団体、児童養護施設、生活困窮世帯等に配布されます。 スタジアムの外に設けられたブース             観客の方から寄付をいただく様子 日本国内では、まだ食べられるのに廃棄される食品(食品ロス)は年間621万トンと推計されています。これは日本人1人当たりお茶碗1杯分のご飯を毎日捨てていることにあたります。その一方で子どもの貧困率は2015年時点で13.9%、実に7人に1人の子どもが貧困状態で暮らしています。 まだ食べられる食品が大量に捨てられている一方で、1日の内、十分な栄養が採れる食事が給食だけという子どもがたくさんいます。このような食の不均衡を解決するために、食品ロスを福祉に役立てる活動として全国各地でフードバンク活動が行われています。 フードバンクに対する社会的なニーズは増加し続けている一方で、各地のフードバンク団体では、支援に必要な食品が不足しています。そのため、不足する支援用食品の確保、フードバンク活動や貧困問題に対する認知度の向上を目的として、全国フードバンク推進協議会に加盟する6つのフードバンク団体とJリーグサッカークラブとの連携が始まりました。 今回のJリーグサッカークラブとフードバンク団体との連携

「会議のやり方」に関する研修会のご報告

全国フードバンク推進協議会主催で、「会議のやり方」に関する研修会を日本財団にて開催しました。 研修会は2回に分けて行われ、1回目は会議の進め方に関する講義を、2回目は会議の実践を主題に行われました。 講師としてNPO法人bond place理事長の小笠原祐司様を迎え、会議をより良いものするためのノウハウをお教えいただきました。講座はグループごとの対話を重視しながら、終始和やかな雰囲気で進行されました。 NPO法人bond place 小笠原祐司 様 まず、会議を始める前に決めておくべき事柄として、その日の会議のゴール、会議で決める事項、さらにそのテーマごとにどれほどの時間をかけるかなどがあり、準備の段階で会議の質の8割が決まるなど、事前の準備の重要性に関してお話がありました。 グループごとに出した良い会議と悪い会議についての意見 体験しながら教えていただく部分も多くあり、悪い会議はどんなものかをそれぞれ個別にポストイットに意見を書きだしてもらう。良い会議に関しては悪い会議の意見を見ながらみんなで話し合いながら書き出す。この2種類のやり方を実際にやることで、ポストイットにより全員に意見を出させる方法や、またホワイトボードなどで視覚的に意見を見やすくすることにより、その後の意見も内容に沿ったものになりやすいということも実践を通して教えていただきました。 「聞いたことは忘れる、見たことは覚える、やったことは身につく、自分で発見したことは使う」というお話も印象に残りました。 グループごとに分かれての会議の様子 2回目の講座は会議の実践を中心に行われました。会議は1グループ4~5人で島型

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.