活動を知る

最新記事

【プレスリリース】全国フードドライブキャンペーンを実施します!

近年日本各地に新たなフードバンク団体が次々と設立されていますが、日本国内のフードバンク活動に対する社会的な認知度や食品ロス、貧困問題への課題意識は未だに低いのが現状です。全国フードバンク推進協議会※1では、今後の国内フードバンク活動の発展には認知度の向上が重要であると考えております。また、各地のフードバンク団体は支援に必要な寄贈食品の確保という点においても共通の課題を抱えています。そのため、国内フードバンク活動の認知度の向上や食品ロス、貧困問題に対する啓発を目的に全国フードドライブキャンペーンを2017年12月1日から2018年1月31日までの期間で実施します。 日本国内では、まだ食べられるのに廃棄される食品(食品ロス)は年間621万トンと推計されています。その内一般家庭から出る食品ロスは約282万トンと全体の約半分を占めており、これは日本人1人当たりに換算すると、年間164杯分のご飯を捨てていることになります。その一方で子どもの貧困率は2015年時点で13.9%、実に7人に1人の子どもが貧困状態で暮らしています。 まだ食べられる食品が大量に捨てられている一方で、1日の内、十分な栄養が採れる食事が給食だけという子どもがたくさんいます。このような食の不均衡を解決するために、食品ロスを福祉に役立てる活動として全国各地でフードバンク活動※2が行われています。 日本国内では約80の団体が活動しておりフードバンクに対する社会的なニーズは増加し続けている一方で、各地のフードバンク団体では、支援に必要な食品が不足しています。そのため、全国フードバンク推進協議会では不足する支援用食品の確保、フ

加盟団体内でお米のマッチングを行いました

全国フードバンク推進協議会では、お米の在庫に関して加盟団体ごとの過不足の確認と団体間でのマッチングを目的として、加盟団体全体での調整を行いました。 11月は新米が市場に出てくる季節であり、農家にとっては古米と交換する時期です。最近ではお米を寄付いただく農家の方もおり、団体によっては受け取りきれないほどのお米の寄贈をいただく団体もあります。一方で、都心部では農家は少ないため、お米の在庫が不足している団体も見られます。 そこで、全国フードバンク推進協議会では食品ロスの削減と、貧困世帯への食品の提供を目的として、弊会加盟団体全体でお米の過不足の確認を行い、団体間でのマッチングを実施しました。 全国フードバンク推進協議会では、資源の分配を目的として今後も定期的に団体内での食品の過不足の確認と、マッチングを実施する予定です。

インターンスタッフを募集します

日本でのフードバンク活動の普及、 推進、拡大を担うインターンスタッフを募集します! ◆インターン生へのインタビュー記事 インターン生へのインタビュー① インターン生へのインタビュー② インターンスタッフ募集の背景 現在日本国内では子どもの貧困対策として、フードバンクによる食料支援や子ども食堂、学習支援等、様々な支援活動が行われています。 近年、フードバンク団体の設立が急増していますが、新設団体は総じてノウハウや人、物、お金等の組織基盤が整っておらず、企業から食品の寄付を受けることが難しいなど様々な課題を抱えています。それらの課題が団体の成長を阻み、結果的に困窮世帯に十分な食品の支援が出来ていない状況があります。 全国フードバンク推進協議会では、新設団体へのノウハウ支援等の基盤強化に加え、食品寄贈企業の開拓、及び各地のフードバンク団体とのマッチングを行なうことにより、困窮世帯への支援を充実させるための取り組みを進めています。 この度、活動のさらなる拡大に向け、インターンスタッフを募集することとなりました。 全国フードバンク推進協議会について 日本の子どもの貧困率は13.9%、実に7人に1人の子どもが貧困とされています。その一方で、日本国内ではまだ食べられるのに、捨てられている食品が年間621万トン生じています。見えないだけで、1日のうち十分な栄養がある食事が給食だけという子ども達が、潜在的にたくさん存在しているというのが現状です。膨大な量の食品が捨てられている一方で、十分な食事をとることのできない子ども達がいます。フードバンク活動はこのような「食の不均衡」を是正することのできる活

活動報告(8月~10月)

「全国フードバンク推進協議会」では加盟フードバンク団体の支援用食品の不足や、フードバンクへの社会的なニーズの高まりに対応するため、行政への政策提言、広報活動、食品寄贈のマッチングの他、フードバンク団体へのノウハウ支援等の基盤強化活動をしております。 ~ 活動報告 ~ 1.食品寄贈マッチング (1)企業様からの寄贈 3ヶ月の間に3社の企業様からフードバンク団体へ寄贈いただき、子ども食堂、学習支援団体、児童養護施設、生活困窮世帯等に配布されました。 2.研修会の開催 (1)広報に関する研修会 全国フードバンク推進協議会主催で「社会課題解決のための広報における基礎知識」と題して、日本財団にて広報に関する研修会を開催いたしました。 当日は講師として、ひとしずく株式会社のこくぼひろし様、かねこまみ様をお迎えし、情報を発信していく上での注意点や考え方、また記者へプレス・リリースを送る際の書き方の指針や、たくさんのプレス・リリースが送られてくる中で選ばれるための方法などについてお話しいただきました。 広報活動を始める前に団体内で話し合うべき事項として、自団体の概要や特徴、また簡潔に自団体の活動を表せる枕詞の選定などに加え、広報担当を決め、広報の窓口を作り上げておく必要性についてもお話しいただきました。また効率よく、効果的にPRするために、時節柄や世間の状況などを事前に整理しておき、適切なタイミングを見極めて情報を出す重要性などをお話いただきました。 (2)会議のやり方に関する研修会 日本財団にて、会議のやり方について実践を通して定着を図る事を目的とした研修会を開催致しました。NPO法人bon

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.