活動を知る

最新記事

【プレスリリース】第3回全国フードドライブキャンペーン実施報告

一般社団法人全国フードバンク推進協議会の呼びかけにより、2017年12月1日から2018年1月31日の間で全国フードバンク推進協議会に加盟する12団体が、156ヶ所の拠点を設けフードドライブを実施しました。その結果、前回の約21トンの2倍となる計43トンの食品が一般家庭から寄付されました。寄付された食品は、各地のフードバンク団体から福祉施設や母子家庭等、生活に困窮する世帯への食料支援に活用されます。 食品ロス(まだ食べられるにも関わらず捨てられている食品)は、日本国内では年間621万トン発生していると推計されています。また、日本の子供の貧困率は13.9%(2015年時点)、実に7人に1人の子どもが貧困状態で暮らしており、膨大な量の食品が捨てられている一方で十分な食事をとれない子ども達がいます。 フードバンクは、食品ロス削減や子供の貧困対策の一環として現在注目を集めており、近年全国各地に新たなフードバンク団体が次々と設立されています。しかし、活動に対する認知度や食品ロス、貧困問題に対する課題意識は未だに低く、貧困家庭への支援用食品が不足しています。そのため、食品ロスの削減や支援に必要な食品の確保、フードバンク活動の認知度向上を目的として全国フードドライブキャンペーンを実施いたしました。 キャンペーンにご参加いただきましたフードバンク団体様、並びに食品寄付にご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。 今後も毎年定期的に全国的なフードドライブを実施し、フードバンク活動を推進することにより、食品ロスの削減や貧困対策に積極的に取り組んでいきたいと考えております。 プレスリリース(PDF

一般社団法人格を取得しました

昨年より全国フードバンク推進協議会の法人化へ向けて準備をしておりましたが、2018年2月に登記の手続きが完了し、一般社団法人全国フードバンク推進協議会となりました。 これにより、社会的信頼の向上などが見込める他、基金の設立なども可能となりフードバンク団体の発展へより貢献することが可能となりました。  全国フードバンク推進協議会では今後も食品企業への働きかけや、行政への政策提言などにより、フードバンク活動が発展していくことで食品ロスが有効に活用され、生活に苦しむ多くの方々への支援が広がるよう尽力して参ります。 引き続き、ご支援ご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。

FOOD TABLE in JAPAN2018へ参加してまいりました。

2月14日~16日に千葉の幕張メッセで開催された「FOOD TABLE in JAPAN2018」という食品企業の展示会に参加して参りました。 http://www.foodtablegaishoku.jp/outline/ 1日で3万人以上の食品事業関係者が訪れる大規模なイベントであり、毎年2千社近くの食品関連や流通関連の企業が出展しております。 全国フードバンク推進協議会に加盟する24のフードバンク団体へのアンケート調査を行った際、食品が不足していると答えた団体は7割を超え、また弊会に期待することとして、食品企業様とフードバンク団体間の食品寄贈のマッチングを求める声も多くございました。 この結果から、加盟団体からのニーズに基づき、より一層の寄贈企業の開拓が必要と考え、今回は事務局2名とインターン1名の3名でこちらのイベントへ参加してきました。 今回は加工食品を取り扱う企業に絞ってではございましたが、フードバンク活動についてご案内させていただき、2日間で150社ほどの食品企業の方とお話することができました。 全国フードバンク推進協議会では加盟団体への食品提供量を増やすため、引き続き積極的な企業開拓をして参ります。

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.