活動を知る

最新記事

「食品ロスの削減の推進に関する法律案」緊急院内集会開催報告

一般社団法人全国フードバンク推進協議会では、6月13日(水)に参議院会館にて「食品ロスの削減の推進に関する法律案」緊急院内集会を開催いたしました。 院内集会は、「食品ロスの削減の推進に関する法律案」の今国会での成立を目指し、法案の必要性や市民セクターからの熱意を国会議員の先生方に伝えることを目的として開催いたしました。 当日は全国各地のフードバンク団体関係者や子ども食堂、メディア、企業、一般の方々等、約100名にご参加いただきました。また、国会会期中でお忙しくされている中、幅広い政党から18名の国会議員(その他秘書の代理出席は26名)の先生方にご出席いただき、フードバンク団体や子ども食堂の関係者と活発な意見交換をさせていただきました。 ■ご出席いただいた議員の皆様<敬称略、五十音順> ( )内は所属政党 【衆議院議員】 阿久津幸彦(立憲民主党)、井上一徳(希望の党)、佐藤英道(公明党) 西岡秀子(国民民主党)、畑野君枝(日本共産党)、堀越啓仁(立憲民主党) 務台俊介(自由民主党)、山田賢司(自由民主党) 【参議院議員】 河野義博(公明党)、古賀友一郎(自由民主党)、山東昭子(自由民主党) 大門実紀史(日本共産党)、竹谷とし子(公明党)、新妻秀規(公明党) 宮沢由佳(立憲民主党)、森本真治(国民民主党)、矢倉克夫(公明党) 若松謙維(公明党) ■秘書の方にご出席いただいた議員の皆様<敬称略、五十音順> 【衆議院議員】 青山雅幸(立憲民主党)、浅野哲(国民民主党)、阿部俊子(自由民主党) 稲富修二(国民民主党)、大口善徳(公明党)、吉良州司(国民民主党) 佐々木隆博(立憲民主党)、

食品ロスの削減の推進に関する法律案成立に向け、緊急院内集会を開催します

一般社団法人全国フードバンク推進協議会は「食品ロスの削減の推進に関する法律案」の今国会での成立を目指し、6月13日(水)に参議院会館で緊急院内集会を開催します。 日本では年間646万トンもの食品ロスが発生しており、世界的に見ても、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」で食料廃棄の半減が定められるなど、食品ロスの削減は国際的な課題です。 国内のフードバンク団体は支援に必要な食品の確保や行政との連携、事業費の確保、人材不足等、様々な課題を抱えており、加えて日本ではEU、アメリカなどと比べるとフードバンクを推進するための法整備が遅れている状況にあります。そのため、7人に1人の子どもが貧困状態とされている一方で、支援を必要とする方々に十分な食料支援ができていない現状があります。 「食品ロスの削減の推進に関する法律案」は、国、地方公共団体、事業者、消費者等の多様な主体が連携し、国民運動として食品ロスの削減を推進することと共に、フードバンク活動への支援も法案に含まれています。フードバンク活動が発展することで、子ども食堂や児童養護施設など、様々な支援団体、福祉施設への支援が充実するという点においても、非常に公益性の高い法案です。 しかしながら、会期末まで一ヶ月を切り今国会での成立が不透明な状況となっています。そのため、一般社団法人全国フードバンク推進協議会では本法案の今国会での成立に向け、法案の必要性や市民セクターからの熱意を国会議員の皆様に伝えるため、緊急の院内集会を開催いたします。 食品ロスの削減とフードバンク活動の発展へ向け、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。 【主催】一

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.