活動を知る

最新記事

新規事務局スタッフを募集しています

国内フードバンク活動の推進に向けて、新規事務局スタッフを募集しています。 1. 募集の背景 現在日本国内では子どもの貧困対策として、フードバンクによる食料支援や子ども食堂、学習支援等、様々な団体による支援活動が行われています。 2019年11月時点で110のフードバンク団体が国内で活動しており、2015年の55団体から4年間で倍増するなど、新設団体の設立が急増しています。 新設団体は総じてノウハウや人、物、お金等の組織基盤が整っておらず、企業から食品の寄付を受けることが難しいなど様々な課題を抱えています。これらの課題が団体の成長を阻み、結果的に食品ロスの削減や困窮世帯に対する食品の支援が十分に出来ていない状況があります。 弊会では、新設団体へのノウハウ支援等の基盤強化に加え、食品寄贈企業の開拓、及び各地のフードバンク団体とのマッチングを行なうことにより、食品ロスの削減や困窮世帯への支援を促進させるための取り組みを進めています。この度、活動の拡大に向けて、事務局スタッフを募集することとなりました。 2. 人材に求められる役割 食品企業との連携の促進、広報活動等を行い、国内のフードバンク活動を推進することにより、食品ロスを削減し、食の支援が必要な困窮世帯やその世帯の子ども達への支援の質、量を高めること。 3. 具体的な業務内容 主な業務内容は以下の通りです。 (1)食品寄贈企業とフードバンク団体との連絡・調整等のマッチング作業 寄贈される食品と各フードバンクが必要とする食品の数量等の調整 (2)広報活動 Facebook 、HPでの情報発信 (3)シンポジウムの開催 一般市民、企業

食品ロス削減推進基本方針(素案)に関する意見募集について

弊会の代表理事の米山恵子も委員を務めております、食品ロス削減推進会議において、食品ロス削減法の規定に基づき、「基本方針」の素案が作成されました。 今後の基本方針の策定に向けて、素案に対するパブリックコメントの募集が開始されまいた。 詳細は以下のとおりです。 ◆関連情報 「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針」素案に関する御意見募集について 受付締切日:2020年2月1日 ◆関連資料 食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針 (素案) ◆意見募集要領 https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000196729

パルシステム生活協同組合連合会様より、台風19号被害復興支援団体支援金の助成をいただきました

パルシステム生活協同連合会様からは、台風19号発生直後から弊会を通して被災地域のフードバンク団体に対して、食品や衛生品等の支援物資をご提供して頂いておりましたが、この度、復興支援として台風19号被害復興支援団体支援金の助成をいただきました。 頂いた支援金は、被災地域のフー

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.