活動を知る

最新記事

子供の未来応援基金第3回未来応援ネットワーク事業報告

子供の未来応援基金 第3回未来応援ネットワーク事業 ~フードバンク団体への組織基盤強化事業報告~ (2019年4月~2020年3月) (1)組織基盤強化を目的としたフードバンク団体への伴走支援 ①目的 外部専門機関の協力のもと、フードバンク団体に対して継続的な伴走支援を行うことで、個別の課題の解決や組織基盤の強化を図る。 ②実施内容 フードバンク1団体に対して組織診断、優先課題の抽出、解決策の立案及び実施をサポート。 (2)オンラインのWEB会議や直接訪問によるノウハウ支援 ①目的 WEB会議や直接訪問を通して、優先順位の高い課題や重要な情報について、国内フードバンク団体との情報共有、ノウハウ支援等を行なうことで、国内フードバンク団体の発展をサポートする。 ②実施内容 重要な情報の共有、既存の団体へのノウハウ支援、新設団体の立ち上げ支援を実施。 ③実施期間 2019年4月~2020年3月 ④対象者・数(団体) フードバンク38団体 ⑤実施回数 WEB会議9回、その他の方法によるノウハウ支援として、電話(18回)、メール(26回)、来所による対面支援(1回)、訪問による対面支援(8回)、合計53回のノウハウ支援を実施。 (3)全国フードドライブキャンペーン ①目的 給食のない冬休み中の子ども達への支援を充実させるため、全国各地のフードバンク団体間で時期を合わせて全国的なフードドライブ(一般市民から食品を集める取り組み)キャンペーンを行なう。 ②実施内容 加盟フードバンク20団体と連携してフードドライブを実施、加盟団体へのノウハウ支援、実施方法に対する助言。広報の効果を高めるための

新型コロナウイルスの影響に伴う緊急的な食品支援について

全国フードバンク推進協議会では、新型コロナウィルスの感染拡大予防のための一斉休校に伴い、全国各地の加盟フードバンク団体に、緊急的な支援の検討を要請しました。 現在、加盟フードバンク団体による緊急的な支援活動が拡大していますが、支援世帯・団体の増加に伴い、現場にはかなりの負担が掛かっています。 弊会では、社会的な支援ニーズの高まりを受けて、食品企業から加盟フードバンク団体への食品寄贈量を増やすなどのサポートを積極的に行っています。 新型コロナウィルスの影響に対する加盟団体の動き(メディア掲載まとめ) ------------------------------------------------------------ ◆一般社団法人全国フードバンク推進協議会 一斉休校対策、人手足りずフードバンクが個別支援 https://www.kanaloco.jp/article/entry-291694.html ------------------------------------------------------------ ◆NPO法人セカンドハーベスト京都 休校中の子に食料支援を NPOが寄付募る https://www.asahi.com/articles/ASN3B722KN39PLZB00D.html ------------------------------------------------------------ ◆フードバンクとくしま 徳島新聞 コロナで休校 児童らに善意の贈り物 農家や企業が農産物など寄付 https://www.top

​カテゴリーから検索
アーカイブ

一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6895-5796

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.