坂本哲志 孤独・孤立対策担当大臣と面会いたしました

社会的不安に寄り添い、深刻化する社会的な孤独・孤立の問題について総合的な対策を推進するため、2021年2月に内閣官房に新たに「孤独・孤立対策担当室」が設置されました。

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodoku_koritsu_taisaku/


一般社団法人全国フードバンク推進協議会は、4月14日(水)に孤独・孤立対策に関する政策提言を行うため、坂本哲志孤独・孤立対策担当大臣と面会しました。


要望書(PDF):孤独・孤立対策に関する要望書

要望書を手渡しする様子


左から

坂本哲志 内閣府特命担当大臣(少子化対策、地方創生)

一般社団法人全国フードバンク推進協議会 代表理事 米山けい子

一般社団法人全国フードバンク推進協議会 事務局長 米山広明

一般社団法人全国フードバンク推進協議会 理事 阿部知幸



意見交換の様子


弊会からは、コロナ禍におけるフードバンク団体の実情や、食の支援を必要とする世帯の実態をご説明させていただき、農林水産省が行う補助事業への要望、孤独・孤立対策におけるフードバンクの活用に関するお願いなどをいたしました。


坂本大臣には、活動現場や支援を必要とする世帯の実情について聞いていただき、「フードバンク活動を持続していくためにも、私たちもさらにさまざまなことを考えていかなければいけない」とお言葉をいただきました。


全国フードバンク推進協議会では引き続き、全国のフードバンク団体が持続的に活動ができるよう、積極的な政策提言活動を継続してまいります。





最新記事
​カテゴリーから検索
アーカイブ