一般社団法人全国フードバンク推進協議会

〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 東小金井事業創造センター KO-TO 内

東京事務所TEL: 080-6618-7914

Email: info@fb-kyougikai.net

Copyright © 2016 foodbankalljapan, All Rights Reserved.

広報に関する研修会のご案内

2017-7-17

なぜあの団体にだけ「人、モノ、お金」が集まるのか?

  

あなたはたぶん、こどもや若者を支援している団体のご関係者様だと思います。

 

多くの非営利団体では、活動をサポートしてくれる会員や寄付者、ボランティアが集まらず、企業や行政に協力や連携を求めても、なかなか良い返事がもらえないという事が多々あると思います。

 

しかし、その一方で会員や寄付者、たくさんのボランティアを集め、協賛企業も多く、また、多くの自治体と連携したり、委託事業をたくさん受託しているような団体があることも、あなたはご存知ではないでしょうか。

 

そして、あなたはそのような「特定の団体」を知り、こんな風に思ったことはないでしょうか? 

 

自分の団体と、やっていることはほとんど変わらないのに、なぜあの団体には「人、モノ、お金」が集まるのだろうと。

  

実際のところ、あなたが考えるように、活動内容もそれほど変わらないことがほとんどです。

 

では一体何が違うのかというと、その「特定の団体」は広報活動をしっかりやっているという事です。

 

もう一度あなたが知っている、「特定の団体」のことを考えてみてください。

 

テレビや新聞などのメディアに掲載される頻度が、その他の団体に比べて圧倒的に多くないでしょうか?

 

つまり、団体の成長と広報活動の間には、強い相関関係があるという事を言いたいのです。

 

 では具体的にメディアに掲載されると、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

(1)たくさんの人に活動を知ってもらうことができます。

社会からの協力を得るには、当たり前のことですが、協力者があなたの活動を知っていることが大前提になります。

 

テレビや新聞の全国紙で取り上げられると、数百万人の方に活動を知っていただくことができます。地方のテレビや新聞の地方紙であっても、数万~数十万人に情報を届けることができます。 

 

(2)社会的な評価・信頼性が向上し、協力を得やすくなります。

メディアに掲載されると、それだけで社会的な信頼性が向上します。

 

新聞やテレビなどのメディアに掲載されるということは、ある程度しっかりとした活動をしていると、社会的には考えられているからです。

 

団体の社会的な信頼性が向上すると、個人や企業からのモノやお金の寄付、ボランティア、プロボノとしての参加、行政との協働など、ステークホルダーから協力が得やすくなります。

 

実際ボランティアで参加して下さる方にお話を伺うと、テレビや新聞で見たからという方もたくさんいらっしゃいましたし、企業からの大口の寄付も、理由を聞いてみると、入り口はテレビや新聞記事で経営者が活動を知ったということがほとんどでした。

 

また、自治体との協働を自治体側から持ちかけられたときも、首長がテレビや新聞記事を見て判断していたという事が、後から分かるということもありました。

 

・ボランティアを増やしたい

・会員を増やしたい

・寄付金を増やしたい

・協賛企業を増やしたい

・自治体と連携したい(自治体との協働や事業委託等)

 

もしあなたがよりたくさんの子どもや若者を支援するために、上記のように考えているなら、広報力を向上させる事はとても有効な方法だと思います。

 

今回の研修会では、日本初のソーシャルグッド&NPO専門のPRエージェンシー「ひとしずく株式会社」の かねこ まみ さんを講師にお迎えし、以下の内容で研修を行います。

 

■講師紹介

かねこ まみ

 

ひとしずく株式会社 PRコンダクター

PRSJ認定PRプランナー

ひとしずく株式会社HP:https://www.hitoshizuku.co.jp/

 

在学中より国際青年環境NGO、A SEED JAPANにて広報チームを立ち上げる。大学卒業後、PR会社に入社。飲食、生活用品、文具、出版、自動車、金融まで幅広い業界のPRコンサルティング、記者発表会の企画立案・運営実施など担当。その間広告代理店のPR部門に出向し、リスクマネジメントを中心に危機管理広報も担当。その後、テレビ局の海外向けニュース番組のマネジメント部署にて勤務。報道の制作現場をバックオフィスとしてサポートする経験を持つ。

 

■研修会日時

日時:2017年8月24日(木) 15:30~17:30 (15:15開場)

会場:日本財団ビル2階会議室1-4

所在地:〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

 

■研修内容

15:30~16:00 ワークショップ

16:00~16:20 広報・PRとは? 広報担当者の役割について

        休憩

16:30~16:45 広報における4つの問い

16:45~17:00 PRパーソンについて

17:00~17:30 参考資料の配布と説明

        フリーディスカッション(Q&A、日々の広報課題の共有含む)

 

また、本研修は子供の未来応援基金の支援を受け実施しています。

 

 

 

 

 

■参加対象

・こども食堂、学習支援、居場所支援、フードバンク等、その他こども・若者を支援している非営利団体様

・これから広報に取り組みたい団体様

・広報活動はしているが、今後さらに広報活動を強化したい団体様

 

■お申込みについて

研修会へのお申込みは以下のURLからお申し込みください

URL:https://ws.formzu.net/fgen/S5347963/

 

■参加料

お1人 1,000円

 

■参加申し込み期間

2017年8月23日(水)まで

 

■定員

先着30名様まで

お申込受付は先着順とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

先着順ですので、お申し込みいただいた場合であっても、

その時点で定員を超えていた場合、ご参加をお断りすることがあります。

 

■特典

今回の研修にご参加いただける方には、メディアリストやプレスリリースのテンプレートなど、広報活動を効率的かつ効果的に行うことをサポートするツールを無償でご提供いたします。

 

こどもや若者を支援する団体の皆様が、広報力を向上させることで、社会的な資源を集め、こどもたちに充実した支援ができるようになることを願っています!

 

研修のお申込みはこちらから→ https://ws.formzu.net/fgen/S5347963/

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

​カテゴリーから検索
Please reload

アーカイブ
Please reload