新型コロナウイルス対応緊急支援助成 実行団体の公募を開始しました


一般社団法人全国フードバンク推進協議会は、一般財団日本民間公益活動連帯機構(以下、JANPIA)が実施する新型コロナウイルス対応緊急支援助成枠の資金分配団体として採択されました。

この度、新型コロナウイルス対応緊急支援助成枠において、「生活困窮世帯への食料支援強化事業」の実行団体を公募いたします。


1 本事業の目的

新型コロナウイルス感染症の影響により急増する生活困窮世帯に対してフードバンク等の食料支援を行う団体が、行政や社会福祉協議会、子ども食堂などと連携して実施する食料支援活動の地理的・数量的な拡大をめざし、スタッフの雇用や、食品取扱量増加に向けたインフラ整備、その他助成事業の実施に必要な経費を助成します。

2 助成対象

フードバンク、子ども食堂、フードパントリー等、食料支援を行う団体

全国で7団体を予定

3 助成金額

1団体当たり:上限410万円   

総額:2,870万円(予定)


公募要領や助成事業のより詳細な情報につきましては、以下の弊会HP(休眠預金関係専用ページ)をご確認ください。


https://www.fb-kyougikai.net/kyuminyokinjosei

最新記事
​カテゴリーから検索
アーカイブ