top of page

令和6年能登半島地震
緊急支援活動を開始

20240106⑫輪島.jpg

全国フードバンク推進協議会は、発災直後から関係者が被災地域に入り、自治体や被災地域のフードバンク団体等と連携し支援ニーズの把握等初動対応に取り組みましたが、被災状況の大きさから長期的な支援が必要になることや現場からの支援ニーズに基づき1月5日に緊急支援活動を実施することを決定しました。


また緊急支援活動の実施に伴い支援金の受付を開始します​。

皆様からのご寄付は、現地のニーズを調査の上、被災地域への食料、水、衛生用品、生活用品の提供など、緊急支援活動に活用します。また緊急支援後は、地域主導の長期的な復旧・復興支援を支援します。

全国フードバンク推進協議会では、全国各地の加盟フードバンク団体と協力し、これまでの支援経験やノウハウを活かし、必要とされる支援を迅速に届けてまいります。

皆様からの温かいご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

🔳全国フードバンク推進協議会の支援を応援する

≪銀行振込で寄付する≫


銀行名 : PayPay銀行
支店名 : ビジネス営業部
口座種別: 普通
口座番号: 6471151
口座名義: 一般社団法人全国フードバンク推進協議会一般口
      シャ)ゼンコクフードバンクスイシンキョウギカイイッパングチ

≪ゆうちょ口座から寄付する≫


銀行名   : ゆうちょ銀行
記号と番号  : 00130-9-266535
口座名義  : 一般社団
法人全国フードバンク推進協議会
        シャ)ゼンコクフードバンクスイシンキョウギカイ

​≪クレジットカードから寄付する≫

※銀行口座・ゆうちょ口座からのご寄付もこちらからお願いいたします。

*寄付金の使いみちについて


皆様からのご寄付は、被災地のニーズに基づき、食料、水、衛生用品等を自治体や避難所、在宅避難者へ届けるための配送費や現地フードバンク団体への応援スタッフの派遣費用など、緊急的な支援に活用します。また発災直後の緊急支援以降は、現地団体を中心に被災された方々の長期的な生活支援を実施します。

 ・被災地域に対する水、食料、衛生用品などを被災地に緊急支援として届けるための配送費

 ・その他被災地のニーズに応じた支援

 ・発災直後の緊急支援以降の現地団体を中心とする被災者の長期的な生活支援

 ・支援に伴う事務局運営費

 

また、寄付金に余剰が生じた場合は、次の災害時の対応や全国各地のフードバンクが取り組む防災・減災事業への支援に活用させていただきます。

皆様からの温かいご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。


 

​🔳緊急支援活動レポート

2024年1月1日に石川県能登地方を震源とする震度7の地震が発生しました。
これを受け、全国フードバンク推進協議会は全国の加盟フードバンク団体と協力し、緊急支援を実施しています。

◆1月6日

​被災地域の自治体からの支援要請に基づき、加盟団体である認定NPO法人フードバンク山梨に支援物資の珠洲市への発送を依頼しました。

​飲料水などのプッシュ型の支援が届きつつあるものの、自治体関係者からのニーズとして下着やタオルなどが不足している状況で、認定NPO法人フードバンク山梨からは、タオル5,000枚、下着・靴下が男女400枚、ゴミを捨てるためのゴミ袋2,000枚、身体拭き用ウェットティッシュなどを車両に積み込み、被災地に向け出発しました。

被災地までの道路は亀裂などが多く、土砂崩れなども見られます。

20240106⑤_edited.jpg

輪島市から珠洲市では建物の倒壊も多く見られ、改めて被害状況の大きさを感じます。

1704541906583.jpg

指定された珠洲市の支援物資の一時保管場所に到着し、他県からの応援で被災地に入っている行政関係の方々と協力しながら、支援物資の搬出作業を行いました。

◆1月24日ー25日

​弊会代表理事の米山が穴水町、輪島市、珠洲市に行きました。

​今回の目的は中長期的な支援活動を行うための拠点確保と現地の方のニーズの再確認です。

​穴水町 拠点候補の倉庫視察

​輪島市、珠洲市では、避難所や市役所に行きました。

​輪島市役所庁舎

現在、指定避難所においては概ね支援物資は足りていましたが、在宅避難者や車中泊等、様々な理由により指定避難所に避難することが難しい方への支援が行き届いているかは不明瞭な状況です。

 

このような支援が届きにくいところへ支援を届けることのできる仕組みづくりや、今後の中長期的な生活再建フェーズに向けた体制整備が重要になります。

bottom of page